【就活の軸】「企業選びの軸」を一覧にしてみた【時間短縮も可能】

企業選び


就活をしていると、

「企業選びの軸は大切なのか?」

「どんな就活の軸があるのか知りたい」

と思うことがあるかもしれません。




そこで、この記事では、

「企業選びの軸を決めるメリット」

「企業選びの軸の一覧」


を紹介します。




企業選びの軸(就活の軸)とは?


企業選びの軸は、就活生が企業を選ぶときに使う基準のことです。



たとえば、

「平均年収が700万円以上」

「残業時間が20時間以内」


などの本音の軸や、



「日本の存在感を高めたい」

「競い合う社風の会社で働きたい」


などの建前の軸があります。



企業研究をするときは主に本音の軸で企業を選びます。また、企業の選考を受けるときは建前の軸を話すことになるでしょう。


本音と建前の軸は、それぞれ2, 3こ決めておくとよいと思います。そうすることで、企業選びや面接をスムーズに行えるはずです。




企業選びの軸を決めるメリットは?


企業選びの軸を決めておくと、行きたい企業を選びやすくなります。


たとえば、「平均年収〇万円以上」「残業〇時間以内」「3年後離職率〇%以下」というように本音の軸を決めておくと、企業を簡単に絞れます。


もう一つのメリットは、面接で説得力のある受け答えができることです。


たとえば、

「私には○○という企業選びの軸があります。そして、御社は○○という考えを大切にしているため、私の軸と当てはまっています。そのため、御社で夢を実現できると思い志望しました。」


というように答えることができます。


また、企業側も学生の特性と自社の特性が合うかどうかを確認しやすくなります
さらに、企業選びの軸がその企業とマッチしていれば納得感を持って働けるはずです。




企業選びの軸の一覧


ここでは、企業選びの軸の例を紹介します。


建前の軸


・協力し合う社風

・協力し合う社風

・競い合う社風

・裁量権(仕事における自由度)がある

・少数精鋭

・経営理念に共感できる

・お客さんに喜んでもらえる

・お客さんに安心を提供できる
(お客さんの不安を解消できる)

・生きる喜びを感じてもらえる

・ちょっとした幸せを届けられる

・生活の質を上げられる

・業務やシステムを効率化できる

・新しい価値や気付きを提供できる

・お客さんの人生の分岐点に寄り添える

・生活の根幹を支えられる

・やりがいがある

・日本のプレゼンス(存在感)を高められる

・地元を活性化できる

・お客さんの幅広い要望に応えられる(広く浅く)

・お客さんの特定の要望に丁寧に応えられる(狭く深く)


などがあります。




本音の軸


・平均年収(○○○万円以上)

・ワークライフバランス(3年後離職率、育児休暇など)

・社風(まったり、挑戦・成長できるなど)

・事業内容

・残業時間(月○○時間以内)

・福利厚生(住宅補助、ボーナスなど)

・有名企業

・隠れ優良企業

・テレワークの導入率

・将来性(高い技術力など)

・安定性(シェア率、営業利益率など)

・革新性

・勤務地(距離、転勤先など)

・グローバルに展開(海外売上比率〇割)

・実力主義

・年功序列


などがあります。




「本音の企業選びの軸」の決め方


思い浮かんだ希望を紙に書いてみましょう。


たとえば、


「平均年収700万円以上」

「残業月20時間以内」

「3年後離職率10%以下」


など、いろいろあると思います。



条件が厳しいと思ったら、少し緩くすると企業を選びやすくなります。




「建前の企業選びの軸」の決め方


おすすめの作り方は、

「過去の経験で印象的だったことを思い出し、それを就活の軸につなげる」

というやり方です。


詳しい方法は「【簡単にできる】就活の軸の作り方」で紹介しています。




【参考】筆者の本音の軸と建前の軸


筆者の本音の軸は、

「平均年収600万円以上」

「残業月30時間以内」

「3年後離職率20%以下」

でした。


就職四季報を使い、これらの条件に当てはまる企業を探しました。




また、建前の軸は、

「グローバルに展開している」

「お客さんの不安を解消できる」

「高い技術力を持っている」

でした。




まとめ


今回は、企業選びの軸を決めるメリット企業選びの軸の一覧を紹介しました。

本音と建前の軸を決めて、企業を探していきましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました