【企業選びの軸】「成長したい」と言ってしまうのは危険かもしれないという話

企業選び


就活をしていると、

「成長したいという企業選びの軸でもよいのか?」

「どのように企業選びの軸を作ればよいか?」

と思うことがあるかもしれません。



そこで、この記事では、

「成長したいという企業選びの軸が危険な理由」

「成長したいという軸を使うときのコツ」


を紹介します。




企業選びの軸で「成長したいです」と言ってしまうのが危険な理由


なぜ危険なのかというと、面接官に、
「自分の成長が第一なのか」
と思われてしまうからです。


面接官は自社に貢献してくれる学生が欲しいと考えているので、「成長したい」と言ってしまうと的外れになってしまいます。
また、どの会社で働いたとしても必ず成長することができます。成長できる度合いに差はあっても、大差はないはずです。


そのため、単純に「成長したいです」と言ってしまうと、面接官に「うちじゃなくてもよくない?」と思われてしまいます。



ですが、成長したい+なぜ成長したいのか?という「理由」をセットで考えると、説得力のある軸にすることができます。




「成長したい」と言うときは、理由も伝えるべき


「成長したいです」という言葉とセットで、「なぜ成長したいのか?」という理由を伝えると面接官に納得してもらえます。


たとえば、

「私の企業選びの軸は成長できる環境で働くことです。理由は、早く成長することでいろいろな仕事を経験し、お客様の要望に丁寧に応えられるようになるからです。」

と言うと、説得力のある文になります。



このように、

「お客さんに何をもたらしたいか?」

「会社をどのようにしていきたいか?」


ということを伝えられると効果的です。
企業の事業内容や企業理念を参考にして考えてみましょう。




「成長したい理由」の例


ここでは、「成長したい理由」の例を紹介します。



お客さんに対して


・「要望に丁寧に応えたいから」

・「不安を取り除きたいから」

・「生活の質を上げたいから」

・「ちょっとした喜びを感じてもらいたいから」

・「新しい価値や気づきを提供したいから」

・「お客さんの笑顔が見たいから」

・「格差をなくしたいから」

・「不便なプロセスを効率化したいから」


などがあります。



会社に対して


・「会社の○○事業を発展させたいから」

・「海外展開を押し進めたいから」

・「財務管理を向上させたいから」

・「法令順守を高めたいから」

・「社員が働きやすい環境を作りたいから」


などがあります。




そのほかの企業選びの軸の決め方


成長したいという軸以外にも基準を決めておくと、説得力のある動機にすることができます。


個人的におすすめなのが、
「過去の経験で印象的だったことを思い出し、それを就活の軸につなげる」
というやり方です。


詳しい方法は「【簡単にできる】就活の軸の作り方」で紹介しています。




まとめ


今回は、「成長したい」という企業選びの軸が危険な理由や、「成長したい」という軸を使うときのコツを紹介しました。


成長したい+その理由をセットで考えると、説得力のある動機にすることができます。


成長したい理由を考えて、効果的な軸を考えましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました