【大手企業】化粧品・トイレタリーメーカーの営業利益率のまとめ【安定・成長性】

営業利益率



就職四季報2021年版【総合版】に掲載されている「化粧品・トイレタリーメーカー」の営業利益率をまとめました。


業界にもよりますが、一般的に営業利益率が10%以上ある企業だと、比較的安定していて成長性も見込めると思います。


本記事と就職四季報をセットでお使いいただくと、企業の状態がより分かりやすいと思います。

企業名の横にある番号は、就職四季報のページ数を表しています。




「化粧品・トイレタリー」の各企業の営業利益率



資生堂 p. 458


営業利益率 9.9%

東京都




花王 p. 459


営業利益率 13.8%

東京都




コーヒー p. 498


営業利益率 15.7%

東京都




ポーラ p. 498


営業利益率 18.1%

東京都




ミルボン p. 499


営業利益率 17.8%

東京都




ユニ・チャーム p. 499


営業利益率 13.4%

東京都




ライオン p. 500


営業利益率 9.8%

東京都




アース製薬 p. 500


営業利益率 0.6%

東京都




小林製薬 p. 501


営業利益率 15.7%

大阪府





コメント

タイトルとURLをコピーしました