【就活はゲーム】武器を手に入れることができれば、就活を有利に進められる

就活攻略

就活をしていると、

「就活が大変…」

「就活に失敗したらどうしよう」

と思うことがあるかもしれません。



そこで、この記事では、

「就活はゲームだと考える」

「手持ちの武器を増やす」


ということについて話していきます。




就活はゲームだと考えよう


就活は終わりが見えないため、つらいと感じることがあると思います。

ですが、「就活はゲームだ」と考えると、気持ちが少し楽になります。


実際のところ、仮に内定がもらえなくても最悪就職浪人できますし、死ぬわけではないからです。


また、ゲームだと思うと、

「就活の作業」「自分のレベル上げ」

みたいになるので、モチベーションが上がります。




武器を手に入れよう


ゲームをするときは武器を持っていると強いですよね?

就活も同じで、武器を手に入れられると少し楽になります。


わかりやすいのは、資格ガクチカなどです。
難易度が高いものほど有利になります。


そのほかにも、

「就活で○○をやり切った」

という経験も武器になります。


たとえば、

「自己分析をやりまくった」

「企業研究を何度もやった」

などです。


やればやるほど内容を深掘ることができるため、面接では説得力のある受け答えができるようになります。




TOEIC800点は誰でも取れる


特に、筆者の経験から皆さんにおすすめしたいのが資格の勉強です。中でもTOEICがおすすめです。


言葉の響きはダルそうですが、パっと取ることができれば就活でかなり役に立ちます。


自分の話になってしまい申し訳ないのですが、筆者は3ヶ月で奇跡的にTOEIC870点を取りました。(しっかり勉強しました。)


そして、取得した後どうなったかというと、まず自信がつきました。
さらに、「就活でアピールできる!」という安心材料にもなりました。


また、もう一つわかったことがありまして、

「TOEICは2ヶ月で800点に到達できるもの。みんな勉強のやり方とやる気の出し方を知らないだけなんだな」

ということです。

(ちなみに、現時点でTOEIC500~600点くらいの人を想定しています。


こんな風に、人の成功話を聞くのは嫌かもしれません。


ですが、

「2ヶ月間だけ筆者のアドバイスを聞いて実行してもらえたら、2ヶ月後には、皆さんの成功話として周囲に話せるようになる」

ということを保証します。

筆者が前もってある程度遠回りをしているので、皆さんには最短ルートを伝えることができます。

事実、TOEIC800点は、高校英語をそこそこやっている人なら高確率で取れると思います。

(ちなみに、TOEIC以外に簿記も取ろうとしたのですが、全くうまくいかず簿記3級には2回も落ちました。)

ですが、こんなやつでもTOEICを取ることができました。


向き不向きはあると思いますが、2ヶ月間だけ一緒にやってみませんか?


勉強方法を記事にまとめているので、そちらを見てもらうとやり方がわかります。

リンクを貼る




何も武器を持っていない就活生へ


今の段階で、話せるエピソードが1つもない人がいるかもしれません。

ですが、今からでも武器を増やすことができます。


その方法は、

「今からガクチカのエピソードを作る」

「自己分析や企業研究をやりまくる」

の2つです。



ガクチカのエピソードは飲食店のアルバイトなど、平凡でかまいません。
もしアルバイト経験がないなら、今から働きましょう。


ちなみに、バイトが面倒になったら1ヶ月で辞めても大丈夫です。
なぜなら、1ヶ月間だけでも考えながら仕事をすると、面接で話せるエピソードができるからです。


実は筆者も、大学3年の10月に個別指導塾のアルバイトを始めました。
理由は、ガクチカのエピソードを作るためです。
そして、3年の3月にバイトを辞め、そこから就活に専念しました。


こんな感じで、エピソード作りを目的にアルバイトを始めるのは全然ありです。


そのほかにも、自己PRや企業研究をやりまくるのも効果的です。

大切なのは、「そこそこやる」よりは「ガッツリやる」ということです。


やればやるだけ考えがどんどん深まり、知見がたまります。


そして、この知見が、

「面接で説得力のある受け答えをすること」と、

「ほかの就活生が知らない隠れ優良企業を探すこと」

を可能にしてくれます。



まとめ


今回は、就活をゲームだと考え、武器を手に入れるべきということについて話しました。


特に、TOEIC800点は皆さんのイメージほど難しくはなく、やるべきことをやれば高確率で取ることができます。

よかったら、2ヶ月間だけ一緒に勉強してみませんか?


コメント

タイトルとURLをコピーしました