隠れ優良企業が求める人物像がわかれば、誰でも内定がもらえるという話

rukawa

BtoBのメーカーに勤めています。就活では企業研究に200時間ほどかけたので、その経験をもとに隠れ優良企業や就活に役立つ情報を紹介しています。



※企業からオファーをもらい 内定数を増やすという近道
(登録しておくと企業からオファーが届く無料のオファー型サイトです)

OfferBox
プロフィールや希望の条件を入力しておくとそれに該当する会社からオファーが来るので、面接の練習をしつつ、内定を持っておくと安心です。

キミスカ
OfferBoxと同じく、企業からオファーをもらうことができます。ちなみに、自己分析ツールを使えば自分の強みや特徴を診断できるので、かなり便利だと思います。

キャリアチケットスカウト
こちらも企業からのオファー機能と自己分析ツールの両方が使えるアプリです。自分の強みや弱みを分析し、就活を効率的に進めてみてくださいね。



就活をしていると、

「どうすれば隠れ優良企業から内定をもらえるのか?」

「隠れ優良企業はどんな学生が欲しいのか?」

と思うことがあるかもしれません。



そこで、この記事では、

「隠れ優良企業が求める人物の特徴」

「自分の長所の探し方」



を紹介します。




隠れ優良企業は「協調性がある人」を求めている


隠れ優良企業の定義としてBtoBメーカーをイメージして話していきます。


まず結論から言うと、隠れ優良企業は「協調性がある人」が欲しいと思っています。
その理由は、メーカーはいろいろな部署が連携して働いているため、社員同士が協力して働かなければならないからです。


また、優良企業は経営基盤や事業が安定しているので、社員が汗水たらして働かなくても会社を運営することができます。
つまり、リーダーシップを発揮し革新的に行動しなくても、周りと協力して働く人であれば大丈夫ということです。


「俺が引っ張っていく!」というタイプよりも、協調性があり関わりやすい人の方が合っているということになります。




協調性をアピールする方法


就活生が協調性をアピールする方法は、当たり前ですが、協調性を発揮した経験を話せばよいです。


ですが、中にはチームで何かをやった経験がないという人もいると思います。
筆者も基本一人行動が好きなので、チームプレーは経験しませんでした。


ですが、協調性をアピールする方法はあります。
それは、「面接で素直さをアピールする」というやり方です。


面接官に素直さをアピールできると、「この学生は誠実そうで協調性もありそうだな」と思ってもらえます。
理由は、協調性がある人は自分勝手で不誠実というよりも、素直で誠実な人がほとんどだからです。


つまり、面接で「この学生は素直そうだ」と思ってもらえればよいのです。
人当たりがよさそうに振る舞えばよいということですね。


具体的なコツとしては、

「結論ファーストで話す」

「どんな質問にも丁寧に正直に答える」


ということを意識すると、素直だと思ってもらいやすくなります。




自分の長所を見つける方法


この章では、自分の長所を見つける方法を紹介します。

主に2つやり方があります。

1. 自分が頑張ったエピソードから長所を探す
2. まず自分の長所を決めてからエピソードを探す


おすすめは、1の

「自分が頑張ったエピソードから長所を探す」

方法です。



1. 自分が頑張ったエピソードから長所を探す


学生時代に少しでも頑張ったと思うことの中から、

「これって自分の長所かも」

と感じるものを探してみましょう。

ちなみに筆者は「資格の勉強」をベースにして、「継続力」をアピールしました。




2. まず自分の長所を決めてからエピソードを探す


「自分は○○が得意かも」と思う人は、

その強みが発揮されたエピソードを探してみましょう。


例えば、「工夫力」が強みだと思ったら、それを活かせた経験を思い出すとよいです。




まとめ


今回は、隠れ優良企業が求める人物の特徴自分の長所の探し方を紹介しました。

リーダーシップや周りを巻き込む力よりも、協調性をアピールした方が隠れ優良企業からは内定をもらいやすくなります。

面接では素直さをアピールしてみるとよいです。


  • この記事を書いた人

rukawa

BtoBのメーカーに勤めています。就活では企業研究に200時間ほどかけたので、その経験をもとに隠れ優良企業や就活に役立つ情報を紹介しています。