【大手企業】輸送用機器メーカーの営業利益率のまとめ【安定・成長性】

営業利益率



就職四季報2021年版【総合版】に掲載されている「転送用機器メーカー」の営業利益率をまとめました。


業界にもよりますが、一般的に営業利益率が10%以上ある企業だと、比較的安定していて成長性も見込めると思います。


本記事と就職四季報をセットでお使いいただくと、企業の状態がより分かりやすいと思います。

企業名の横にある番号は、就職四季報のページ数を表しています。




「転送用機器」の各企業の営業利益率



三井E&Sグループ p. 413


・造船の大手企業

・営業利益率 -9.1%

・東京都




ジャパン マリンユナイテッド p. 414


・造船を製造

・営業利益率 1.7%

・神奈川県




常石造船 p. 414


・造船を製造

・営業利益率 ?

・広島県




名村造船所 p. 415


・造船を製造

・営業利益率 -3.3%

・大阪府




サノヤスホールディングス p. 415


・造船の中堅企業

・営業利益率 2.6%

・大阪府




日本車両製造 p. 416


・鉄道車両を製造

・営業利益率 9.3%

・愛知県




新明和工業 p. 416


・特殊車を製造

・営業利益率 4.9%

・兵庫県




極東開発工業 p. 417


・特装車を製造

・営業利益率 7.5%

・兵庫県




モリタホールディングス p. 417


・消防車の製造で国内首位

・営業利益率 10.4%

・大阪府




ヤマハ発動機 p. 418


・2輪車の世界大手企業

・営業利益率 8.4%

・静岡県




シマノ p. 418


・自転車部品や釣り具を製造

・営業利益率 18.9%

・大阪府





コメント

タイトルとURLをコピーしました