BtoB 東証1部上場企業に就職予定の筆者のプロフィール

筆者について

はじめに


「将来やりたいことはまだないけど、できればホワイト企業に行きたい」

と思っている学生はたくさんいると思います。


私も当時そうでした。


そんな学生に向けて、このブログでは、

「最短ルートで隠れ優良企業から内定をもらう」

ということを実現できる方法を紹介しています。


プロフィール


私は21卒の学生で、コロナ渦で就活を行いました。
結果的に、第1志望のBtoBメーカーから内定を頂き、無事に就活を終えることができました。


就活当時のプロフィールは下のような感じです。

・大学…偏差値50~60台
・サークル…なし
・部活…なし
・ゼミ…役職なし、ゆるい
・留学経験…なし
・アルバイト…飲食店と個別指導塾(どちらも半年で辞めました)
・成績…下位20%くらい 
   GPAの平均は2.14(1年次は1.74)
・資格…普通自動車運転免許、ITパスポート、TOEIC860点
・趣味…囲碁、バスケットボール、美術鑑賞
・性格…内向的、口下手、マイペース
・外見…普通



※TOEICについては、3ヶ月間で効率的に取得することができました。


また、肌感として、

「高校英語をそこそこ勉強した人なら、2ヶ月で800点は取れるものだな」

と思いました。


勉強のやり方をまとめた記事もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。




こんな感じで、TOEIC以外はすべて平均以下の大学生でしたが、就活で力を入れるべき所に集中的に取り組んだことで、効率的に内定を取ることができました。




このブログの特徴


インターネットには情報がありすぎて、何をやればよいか分からなくなりますよね。


そこで、このブログでは、

隠れ優良企業のまとめや企業の営業利益率のまとめ、就職四季報をフル活用した企業研究の方法

などを紹介しています。



さいごに


ネット上でよく見かける、

「全国大会優勝」や「海外インターンで売り上げを伸ばした経験」などをしている学生は、上位10%くらいだと思います。


ですので大切なのは、

「自分は自分、他人は他人」

と思うことです。
また、学生時代のエピソードは大したことがなくて大丈夫です。


面接官が知りたいのは、

「学生がリーダーシップをとり派手な経験をしているか?」

ということではなく、

この学生はどんな人なのか?

一緒に働きたいと思える人なのか?

ということです。


ですので、まずは

「今の自分のスペックでよし」

と思いましょう。


今から、やるべきことをやっていけば大丈夫です。


ぜひインターネットの情報に振り回されず
やるべきことをやり、第1志望の企業から内定をもらいましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました