BtoBのメーカーに勤めている筆者のプロフィール

rukawa

BtoBのメーカーに勤めています。就活では企業研究に200時間ほどかけたので、その経験をもとに隠れ優良企業や就活に役立つ情報を紹介しています。

はじめに


「将来やりたいことはまだないけど、できればホワイト企業に行きたい」

と思っている学生はたくさんいると思います。


そんな学生に向けて、このブログでは、

「最短ルートで隠れ優良企業から内定をもらう」

ということを実現できる方法を紹介しています。



プロフィール


私は21卒の学生で、コロナ渦で就活を行いました。
結果的に、第1志望のBtoB企業から内定を頂き、無事に就活を終えることができました。


就活当時のプロフィールは下のような感じです。

・大学…偏差値50台
・サークル…なし
・部活…なし
・ゼミ…役職なし、ゆるい
・留学経験…なし
・アルバイト…飲食店と個別指導塾(どちらも半年で辞めました)
・成績…中の下 
・資格…普通自動車運転免許、ITパスポート
・趣味…バスケットボール、美術鑑賞
・性格…口下手、マイペース
・外見…普通



あまり強みのない平均以下の大学生でしたが、就活で力を入れるべき所に集中的に取り組んだことで、効率的に内定を取ることができました。




本ブログの特徴


インターネットには情報がありすぎて、何をやればよいか分からなくなりますよね。


そこで、このブログでは、

隠れ優良企業のまとめ」や「就職四季報とOpenWorkをフル活用した企業研究のやり方」「平凡な就活生が隠れ優良企業から内定をもらうための方法」

などを紹介しています。



さいごに


ネット上でよく見かける、

「全国大会優勝」や「海外インターンで売り上げを伸ばした経験」などをしている学生は、上位3%くらいだと思います。


ですので大切なのは、

「自分は自分、他人は他人」

と思うことです。

また、学生時代のエピソードは大したことがなくて大丈夫です。


面接官が知りたいのは、

「学生がリーダーシップをとり派手な経験をしているか?」

ということではなく、

この学生はどんな人なのか?

ということです。


ですので、まずは

「今の自分のスペックでよし」

と思いましょう。


今からやるべきことをやっていけば絶対に大丈夫です。


ぜひインターネットの情報に振り回されず、やるべきことをやり、
第1志望の企業から内定をもらいましょう。


  • この記事を書いた人

rukawa

BtoBのメーカーに勤めています。就活では企業研究に200時間ほどかけたので、その経験をもとに隠れ優良企業や就活に役立つ情報を紹介しています。