就活の軸と企業選びの軸の違いは何?【結論:ほとんど同じですが……】

企業選び


就活をしていると、

「就活の軸と企業選びの軸は違うの?」

と思うことがあるかもしれません。



そこで、この記事では、

「就活の軸と企業選びの軸の違い」

「軸の作り方」


を紹介します。




企業選びの軸と就活の軸の違いは?


ここでは、企業選びの軸と就活の軸の違いを紹介します。
(正直なところ、意味はほとんど同じです。)


1. 企業選びの軸とは?


名前の通りで、企業を選ぶときに使う基準のことです。

たとえば、

「○○な社風、平均年収○○万円以上、お客さんに何を提供したいか?」

などがあります。




2. 就活の軸とは?


企業選びの軸と似ています。ですが、違いがあるとするなら、

企業選びの軸・・・「企業を選ぶときに使うもの」

就活の軸・・・「選考や面接のときに使うもの」


という違いがあります。



また、企業選びの軸が自己実現を第一に考えている(たとえば、年収○○万円以上、ワークライフバランスがよいか?残業は少ないか?など)のに対し、就活の軸は、お客さんに何をもたらしたいか?(たとえば、お客さんに喜んでもらいたい、不安を解消したいなど)というニュアンスの違いがあると思います。


ですが意味はほとんど同じなので、特に気にする必要はないと思います。




企業選びの軸(就活の軸)の決め方


企業研究をするときは主に、本音の企業選びの軸で企業を選びます。

たとえば、
「平均年収600万円以上、残業30間以内」
などです。


また、企業の選考を受けるとき建前の企業選びの軸を話すことになるでしょう。

具体的には、
「お客さんの不安を解消したい、業務の効率化をしたい」
などがあると思います。




「本音の企業選びの軸」の決め方


思い浮かんだ希望を紙に書いてみましょう。


たとえば、

・「平均年収600万円以上」

・「残業月30時間以内」

・「3年後離職率10%以下」



など、いろいろあると思います。



条件が厳しいと思ったら、少し緩くすると企業を選びやすくなります。




「建前の企業選びの軸」の決め方


おすすめの作り方は、
「過去の経験で印象的だったことを思い出し、それを就活の軸につなげる」
というやり方です。


詳しい方法は「【簡単にできる】就活の軸の作り方」で紹介しています。




まとめ


今回は、就活の軸と企業選びの軸の違いや、軸の作り方を紹介しました。

意味はほとんど同じなので、特に気にしなくても大丈夫だと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました