筆者がTOEIC900点を目指したマヌケな理由がこちら【結論:自分にもできると思いこんだから】

筆者について


この記事のタイトルをみて、

「TOEIC900点を目指すなんて意識高い系か」

と思った方がいるかもしれません。



そこで、この記事では、

「TOEIC900点を取ろうと思ったマヌケな理由」

「筆者は意識高い系ではない」


ということについて話します。



ちなみに、筆者の現在のTOEICスコアは870点です。


※TOEIC800点は高く見えますが、日東駒専以上であれば高確率で取得することができます。



TOEIC900点を目指そうと思った理由


「将来海外で働きたかったから、英語の基礎力をつけたかったから」というような真面目な理由ではありませんでした。


単純に「自分も900点とれるかも!」と思うきっかけがあったからです。
詳細を話します。


筆者はあるとき、大学生協の参考書のコーナーで、

「40歳オーバーでニート状態だったぼくが初めてTOEICテストを受けていきなり930点取って人生を劇的に変えた、効果絶大な英語勉強法」

という本を見つけました。


ちょうどそのころ親から「TOEICの勉強をやりなさい!」とつめられていました。
そのため、この本が自然と目に入りました。


そして、10分ほど立ち読みをすると「自分も900点とれるかも!」と本気で思いました。


さっそくネットで勉強方法を調べると主に4つの方法があり「これらをやれば900点に到達できるのか」と理解できました。




900点に向けて具体的にやったこと


具体的に4つの勉強をやりました。

それは、

1. 長文の音読

2. 単語暗記

3. リスニングのシャドーイング

4. 演習問題を解く


です。


逆に、これ以外の勉強はやりませんでした。


1~3を毎日やり、4を2~3日に1回やりました。
詳しい勉強のやり方は「2ヶ月でTOEIC800点を取る方法」で紹介しています。


勉強場所は自分の部屋と図書館でした。
飽きてきたら図書館に行くという感じです。


また、ずっと座っていると飽きてくるので、歩きながら音読をしていました。




3ヶ月後の点数は?


3ヶ月間勉強した結果、テストで870点とることができました。


ちなみに、勉強を開始してから2ヶ月くらいで650点から800点まで上げることができました。
そこから、残り1ヶ月で870点に上げるのが大変でした。


目標の900点には届きませんでしたが、きりがよいと思い3ヶ月で勉強を終了しました。




3ヶ月間勉強した感想


3ヶ月間の勉強をした感想は、正直、楽しかったです。


大学受験のときはつまらなかったですが、「TOEICで必ず目標の点数をとる!」と決めてやったのがよかったのだと思います。
確かに大変でしたが、結果的に勉強してよかったです。




TOEICで800点を超えて何が変わったか?


少しですが自信がつきました。


3ヶ月間みっちり勉強したことやTOEICで800点を持っていることで、何かと安心につながります。


就活でも、TOEIC800点の恩恵を受けることができました。




結論 : TOEIC800点は無理ではない


ここまで読んで、

「この人はどうせ英語が得意だったのだろう」

「意識高い系だったのだろう」

と思うかもしれません。

確かに、英語は少し得意でした。


ですが、英語の長文が苦手で英語とは縁を切ろうと思っていましたし、学生時代はかなり意識低い系でした。


実際、筆者自身はとても平凡でしたが、ラッキーなことに、

「40歳オーバーでニート状態だったぼくが初めてTOEICテストを受けていきなり930点取って人生を劇的に変えた、効果絶大な英語勉強法」

の本を立ち読みしたことで、やる気に火がつきました。


自分は平凡だなと思う人ほど、何かのきっかけで1つのことに打ち込めるようになると思います。


筆者もそうでしたが、平凡な人は何かとヒマだと思うので、この機会にTOEICに取り組んでみるとよいと思います。




まとめ


今回は、TOEIC900点を取ろうと思ったマヌケな理由や、筆者は意識高い系ではないということについて紹介しました。


「TOEIC800点」は良くも悪くも、難しそうに感じてしまう資格だと思います。ですが、2ヶ月ほど勉強すれば大半の人が取れる資格だと思うのでおすすめです。
皆さんもだまされたと思って、TOEICの勉強をやってみるとよいと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました