TOEIC800点を持っていたMARCH就活生の現実がこちら

筆者について


就活をしていると、

「就活でTOEIC800点を持っているとどれくらい有利なのか?」

と思うことがあるかもしれません。



そこで、この記事では、

「TOEIC800点を持っていた筆者の就活の現実」

「TOEICを効果的にアピールする方法」

を紹介します。




TOEIC800点を持っていた筆者の就活の現実


一言でいうと、TOEIC800点(厳密には870点)を持っていたことで、しっかりと恩恵を受けることができました。
具体的には、書類選考で通過しやすかったことや、面接では毎回ほめられたことです。


もちろん、べた褒めというわけではなかったですし、ある会社の最終面接では、「TOEICが高いからといって、話せるとは限らないですよね?」と言われました。


とはいっても、TOEIC800点を持っている学生はそれほど多くないので、十分にアピールできます。


一方で、筆者が想像していたほどはTOEICの効果はなかったような気がします。
というのも、就活をはじめる前は「TOEICでかなり優遇されるのでは?」と思っていたのですが、想像ほどではなかったです。


やっぱり、一番大切なのは就活生の人柄であって、資格やスペックは1つの要素でしかないということですね。




TOEICの点数は高いほど有利


当たり前かもしれませんが、TOEICは高ければ高いほど有利になります。
実際、800点もあれば有利になってきます。


ただし、900点を超えてくると面接官としても、「なぜこの学生はこんなに高い点数を持っているのか?」と疑問に思うはずです。
そのため、説得力のある理由づけができるようにしておくべきです。


そもそも現実的に考えて、TOEIC800点ならがんばれば取ることができ、面接官にもしっかり響く点数なので、ここを目標に勉強するのがよいと思います。


特に、メーカーや商社を狙う就活生はTOEICの点数が高いほど有利になるので、もし時間があれば勉強するとよいです。




TOEICはなんだかんだ取っておくと便利


TOEICを避けている学生の理由として、

「英語が苦手だから」「長文が嫌いだから」

という方がほとんどだと思います。


実は筆者も長文が大嫌いで、英語とは縁を切ろうと思っていました。
ですが、あることがきっかけでやる気がものすごく出て、結果的にサッと取得することができました。

宣伝になってしまいますが、2ヶ月でTOEIC800点を取れる勉強方法をこちらで紹介しています。




TOEICを効果的にアピールする方法


いざTOEICでアピールをするときに、一つ注意すべきことがあります。
それは「点数ではなく、勉強の過程や将来の目標を伝えること」です。
点数をアピールしても面接官には何も響きません。


そこで大切なのが、

「なぜTOEICの勉強をしたのか?」

「TOEICを取ってどう変わったのか?」

「将来にどう役に立つのか?」


ということについて考えることです。


たとえば、

「将来は海外で働き、御社の製品を世界の方々に使って頂きたいです。また、TOEICの勉強で得た忍耐力や継続力を活かして働きたいです。」

のように答えられるとよいです。




まとめ


今回は、TOEIC800点を持っていた筆者の就活の現実や、TOEICを持っているとやっぱり有利ということについて紹介しました。

TOEICを持っていると有利になるので、時間がある方は勉強してみるのがおすすめです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました