日本の就活が気持ち悪くてつらいと思うのは仕方がないよね

就活攻略


就活をしていると、

「日本の就活が気持ち悪い」

「新卒一括採用は古臭い」

と思うことがあるかもしれません。



そこで、この記事では、

「日本の就活の光景」や、

「実は新卒一括採用がものすごく優れている理由」


を紹介します。




日本の就活の光景



黒服の男と女


就活をはじめるとまず驚くのが、黒いリクルートスーツに身を包んだ就活生が大量にいることです。


インターンでも会社説明会でも面接でも、みんな黒いです。
本来は黒いスーツでなくてもよいのですが、日本の「周りに合わせる、無難にする」という考えによって、みんな黒いリクルートスーツを着ています。


特に大手企業の説明会に行くと、黒い集団がいすぎて驚くと思います。


「自分はこの中から選ばれなければいけないのか…」と思うはずです。




ロボットのような動き、歩き方


就活生はどうしても、ロボットのような動きや歩き方をしてしまいます。


その理由は、説明会などで緊張してしまい、丁寧に振る舞わなければ目を付けられると思っているからです。
そのため、動作がぎこちなくなり、周りから見るととても不自然です。


就活生もそうしたくてしているのではないということはわかるのですが、みんながあまりにもかしこまった動きをしているので少し不気味です。




「志望動機」なんてないのに語らなければいけない


純粋な志望動機がある学生はほとんどいないと思います。
本音と建て前をわけて、面接では建前の志望動機をあたかも本心のように話します。


しかも、面接官もそれを本当のことだとは思っていないので、お互いが取りつくろっているということになります。


就活の中で、志望動機ほど考えにくいものはないので、みんな苦労しているはずです。
いっそのこと、志望動機の項目はなくしてほしいです。




いつでもどこでも「御社が第1志望です!」


面接官に「弊社は第何志望ですか?」と聞かれたら「御社が第1志望です!」と答えないと落されがちです。
そのため、いつでもどこでもこのように言わないといけなくなっています。


とはいえ「第1志望群です」という答え方も少しためらってしまいます。
やっぱり、第1志望と答えるのが無難なのかもしれません。




ほんの少しでもおかしな言動をすると落ちてしまう


説明会や面接で少しでもおかしな言動をすると目をつけられ、最終的に落されることがあります。


誰でも間違いはありますが、その1回で台無しになってしまうのは少しひどいかもしれません。


常に緊張感を持ち無難に振る舞いつつも、キラリと光る人材であることをアピールしなければならないのは、なかなか大変です。




実は新卒一括採用がものすごく優れている理由


確かに、就活生の数の多さや説明会の光景には少し引いてしまいますが、実は日本の新卒一括採用はかなり優れていると思います。


まず、新卒一括採用の何がよいかというと、

「就活をやる時期が決まっている」

「就活の仕組みができている」

「職務経験がなくても採用してくれる」

ということです。


やるべき時期が決まっていると、自然な流れで就活に取り組むことができます。
また、就活の仕組みに乗っかって活動をすればよいので、考えるべきことが少なくなります。



逆に

「就活を好きなときにやって、どのように取り組んでもいいよ」

といわれると、何から始めればよいかわからないでしょう。


さらに、職務経験がない学生を採用してくれるのもラッキーなことです。


海外では職歴がない学生は働けないので、まずインターンシップで仕事をし、専門性を身に付けてから正社員になります。


インターンシップの期間はフリーター扱いなので、社会的な信用も安定もないといえます。
また、外国の若者は失業率が高いので、生きやすいか?というと微妙かもしれません。


その点、日本の新卒一括採用で入社できれば、ある程度の信用と安定性を持ちつつ、そこからさらにキャリアアップを狙うことができます。


新卒一括採用をしているのは日本と韓国くらいなので、今ある仕組みを使って自分にとっての最善の選択をするのが効果的だと思います。


就活が気持ち悪く見えることもありますが、あまり気にせず、自分の将来を優先するべきではないでしょうか。




どうすれば就活が気持ち悪くなくなるか?


就活が気持ち悪くなくなるには、たとえば、

「説明会に行っても周りを見すぎないようにする」

『「黒い服がいっぱいあるな~」と思うようにする』

と、気が楽になるはずです。


また、

「自分が希望する会社に行くことが最優先するべきことだ。みんな、それぞれが行きたい企業に向けてがんばっているだけだ。」

と思うと、自分のことだけに集中しやすくなると思います。


ほかにも「就活=ゲーム」だと思うのもよいかもしれません。
おそらく、周りの行動が気持ち悪くみえるのは、必死になって本来の自分を隠している姿に違和感があるからだと思います。


そして、周りの就活生が選考に落ちることを、まるで「生きるか死ぬか」というように考えていそうなのも、引いてしまう原因なのだと思います。


ですが「就活はゲームで、そのゲームに勝つためにみんな努力している。あくまでも遊びで、その遊びに本気で取り組んでいるのだ。」というように考えると「周りもがんばっているし自分もがんばろう」と思えるかもしれません。




まとめ


今回は、日本の就活の光景や、実は新卒一括採用がものすごく優れている理由を紹介しました。

就活をしているとつらいと思うこともあると思いますが、適度に休憩しながら、自分の希望を叶えられる会社を狙いましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました